クリアポロン商品画像

 

現在49歳の私。30歳頃から急に首のあたりにポツポツが出来て・・・どうしたらいいのか悩んでいました。でも子育てに追われ忙しい日々を過ごしてケアの方法が分からないままの状態で放置していたら大変なことに・・・。

首イボ画像

首イボ2画像

やっとこさ子育ても落ち着き自分のために時間やお金を使えるようになってきたので「ダメ元で何かをやってみよう!!」と探してみることにしました。49歳という年齢もあり何もしなくても首が汚くなっていくだけ。何か塗ったとして効果がなくても現状と変わらない。正直、効果については最初からあまり期待はしていません。そんな中、色々と検索している時に見つけたのが「クリアポロン」です。

 

でも、「クリアポロン効かない」と言う口コミなどを色々と目にして・・・。どうなのかなぁ~と思い不安な思いにかられました。最初から期待はしていなくてもわざわざお金を払う訳だから・・・「もう数えきれないほどあるイボが一つは消えた」とか「イボの色が薄くなって目立ちにくくなった」などの少しの変化は欲しい。と検索していくと色々と欲が出てきて(笑)
クリアポロン効かない」とおっしゃっている方はどういうことでそう思われたのかを購入前に調べてみたいと思います。

クリアポロン効かないの?  実際に使われた方の口コミ情報をチェックしていきます。

悪い口コミです。

1ヶ月使ってみましたが首イボは減りませんでした。しばらく使ってみない分からないかもしれませんが・・・。

使ってみましたが、肌に違和感があり私の肌には合いませんでした。

角質ケアができるオールインワンジェルということで使ってみましたが、普段はたくさんの化粧品を使っている私にとっては、物足りない感じがしました。

効果が出るのが遅いです。まだ使い始めて間もないですが効果を感じません。私は、すぐに効果を感じたいので、皮膚科へ行こうと思いました

悪い口コミのまとめ

 


首のイボが取れない
肌に違和感がある
オールインワンジェルは物足りない
即効性がない

 

 

なるほど、なるほど・・・。色々な意見があるようです。

納得女の子イラスト画像

それを踏まえて調べてみました。

 


お肌のターンオーバーは年齢によっては、1カ月以上かかることもあるようでクリアポロンの効果を感じるためには使い続けることが大切。長く使うことで効果があることから、定期コースを進められているそうです。お肌に合わないと感じたら180日の返金保証を受けることも出来ます。効果が出ないうちにやめちゃったらもったいない。2~3ヶ月続けてみる方が良いようです。

 

首イボだけではなくて顔にも使いたい方で「普段はたくさんの化粧品を使っていてクリアポロンだけでは物足りない感じがしました。」と言う方がおられましたが・・・今まで使っておられる化粧品の最後に使うことが良いそうなので他の化粧品も使いつつクリアポロンを使用するのもいいかもしれませんね。

良い口コミです。

使い心地は良かったです。みずみずしいジェルでとても伸びが良く、肌にしっかり浸透していく感じです。さらっとした仕上がりで、べたつかないので、すぐに服を着ても大丈夫です。

保湿力がかなり高く肌がしっとり艶やかになりました。不快に感じていた首のポツポツとしたイボは、少しずつポツポツが少なくなってきたのを実感できました。小さなイボはかなり減りましたね~。ジワジワと効果が実感できて本当に嬉しいです。

皮膚科に行かずに自宅でイボケアしたい方にオススメです!みずみずしくてのばしやすいジェルクリーム少量でも伸びがとてもいい!べたつかず、しっとり肌になります。

顔や首元だけでなく、全身使えるから、ポツポツが気になる背中にも良いみたい(人´∀`*)使い続けていると肌がすべすべ。肌への効果を期待して続けたいと思います。

新発想のポロポロすべすべケア♪においもなし。入浴後のケアで使用してます。顔も首もデコルテも。年齢とともに首や腕などざらつきが気になってきて、くすみも悩み。
伸び馴染みがよくてべたつきなし。2度塗りがより効果的なので2度塗りケアをしています。全体ケアも部分的ケアでも使用しやすいです。しっとり潤ってくれる。使用初めてから肌がすべすべに変わってる。ざらつきがなくなって肌も柔らかくなってるのでケアが楽しくなってきます。継続が大事なのでこれからも使用続けたい商品です。低刺激だし、オールインワンとしても使用できるのですごくおススメです。

良い口コミのまとめ

 


さらっとした仕上がりで、べたつかない
保湿力がかなり高いく肌がしっとり艶やかに
少量でも伸びがとてもいい
全身使えるから、ポツポツが気になる背中にも良い
2度塗りがより効果的に思う

*口コミはあくまでも個人の感想です。

首イボができる原因は?

紫外線、ストレス、疲れなど長年に渡る悪影響の積み重ねにより、肌のターンオーバーの乱れや、肌の再生力は低下しやすくなります。その結果、肌の乾燥や肌荒れ、繰り返しできるイボなど、肌トラブルを引き起こしがちに。顔だけでなく、背中やデコルテ、首、二の腕や脚など、知らぬ間にカラダのあちこちに肌トラブルが現れる場合も。年を重ねると共に体内の血流が滞り、新陳代謝が悪化。肌のターンオーバーが乱れてしまうと、蓄積した古い角質が溜まって固くなってしまいます。これが、イボができる原因です。

首イボが出来ないようにするには・・・

肌を掻かない!!肌を掻いてしまったり傷を作ってしまうとバリア機能は低下してしまい外部からの刺激を受けやすくなります。
肌に保湿をする!!肌が痒くなってしまうのは肌が乾燥している可能性があります。

乾燥している肌を掻いてしまうとバリア機能が低下してしまうので、刺激を受けやすくなります。

肌を焼かない!!紫外線は肌が焼けてしまうだけでなく、肌のバリア機能を低下させてしまう原因にもなります。
イボに触らない!!気になる首イボはつい触ってしまったり、かさぶたのような感覚で取ってしまいたくなりますよね。
首イボを触ってしまうと肌への刺激になったり、無理に取ってしまうと傷になることがあります。

クリアポロンを調べてみたところ・・・成分量の多さに驚かされてしまいました。

クリアポロン成分画像

化粧品の成分には全く詳しくない私。「こんな成分が入っていてすごいんです。」「これも入っています。」などなど色々な成分を並べられてもチンプンカンプンだし不安しかない。

 

本当のところはどうなの?

 

代表的に取り上げられている成分について色々と調べてみることにしました。

悩んでいる女の子イラスト画像

「お肌をなめらかにする成分」

ヨクイニンという成分はどんなもの?

ヨクイニン画像

ターンオーバーを活性化する上で大きな手助けとなるのが生薬の「ヨクイニン」。ヨクイニンとは、雑穀でも知られるハトムギの皮を除いた種子の部分のこと。肌の水分代謝を促進し、余分な老廃物の排出をスムーズにすることで肌への水分と栄養の循環を促し、衰えた肌のターンオーバーを正常に整えてくれます。昔から肌を整える生薬として、とても親しまれてきました。

あんずエキス成分はどんなもの?

あんずエキス画像1

あんずエキスの特徴的な成分は、豊富に含まれている脂肪酸。パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・パルミチン酸・ステアリン酸などを含有しています。なかでも、パルミトレイン酸のアンチエイジング効果は絶大。「若さの脂肪酸」とも呼ばれ、古い角質を取り除いてお肌をみずみずしくしてくれる効果があります。あんずエキスはあんずから抽出される天然成分です。エキスそのものには合成物質や着色料が使われていないため、安心してお手入れに使えます。あんずエキスに含まれている脂肪酸が、イボを取り除いて美肌へと導いてくれます。

ダーマヴェール成分はどんなもの?

ダーマヴェール画像1

ダーマヴェールからの期待できる効果は乾燥ケア、肌の正常な成熟化、肌荒れを防ぎキメの整った肌へ
セイヨウシロヤナギの樹皮より得られたエキスで乾燥肌ケアとして配合されています。セイヨウシロヤナギ樹皮エキスが表皮細胞遺伝子に働きかけ保湿の要であるCE(コーニファイドエンヴェロープ)の産生促進へと導きしっとり美肌へ導きます。

嬉しい女の子イラスト画像

成分を少し調べただけだけど・・・肌にとても良さそうですね。もっと調べていきます。

商品画像

次は「お肌に透明感を出す成分」

ビタミンC4

ビタミンCは、活性酸素の除去やニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など様々な効果が期待されます。そのため美肌や美白の為には欠かせない”美肌ビタミン“と呼ばれる成分ですが、安定性が低くて空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失い、またビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質を持っています。このようなビタミンCの弱点を改良した物がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、角質層への透過を良くし、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。

プラセンタ2

歴史は古くヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代までさかのぼり、古代エジプトの女王クレオパトラも若さを保つために愛用したと伝えられています。中国では秦の始皇帝以来、不老長寿の妙薬として用いたといわれ、その後、紫河車という漢方薬名で幅広く活用されました。プラセンタには10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれています。

アラントイン2

アラントインとは、牛の羊膜から発見された成分。新陳代謝産物として穀物の胚芽や煙草の種子、コンフリー(和名:ヒレハリソウ)の根・葉などに含まれており医薬品や化粧品に配合されます。角質ややけどのあとの古い組織などを除去し、新しい表皮組織の生成を助長する作用があり、同時にケロイド形成も予防します。保湿効果や抗炎症作用、抗アレルギー作用もあります。

次は「お肌にうるおいを与える成分」

コラーゲン2

コラーゲンはタンパク質の1種。タンパク質は炭水化物・脂質とともに三大栄養素と呼ばれ、人体を構成する重要な成分のひとつです。人間の身体をつくっているタンパク質のうち、約30%がコラーゲンとされています。コラーゲンと聞くと私達は顔などの皮膚を一番に連想しますが、その皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。真皮のコラーゲン分子は、アミノ酸がつながってできた鎖を3本組み合わせた「三重らせん構造」をしており、ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。

ヒアルロン酸2

人間の皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3構造になっていますが、ヒアルロン酸はそのうちの真皮部分に含まれている成分です。水分と結びついて肌を乾燥から守る役割のほか、真皮内に網の目状に張り巡らされるコラーゲンの隙間を満たして、肌のハリや弾力を生み出す役割があります。

セラミド2

肌には、本来、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きが備わっています。その働きのことを、肌の「バリア機能」といいます。「セラミド」は、このバリア機能をきちんと働かせるための主役となっている成分です。充分な「セラミド」で満たされた肌は、バリア機能の働きが高く、外部刺激で肌荒れしにくい状態です。肌表面も、潤ってキメが整っています。

スクワラン2

スクワランとは、アイザメなど深海鮫の肝油中に多く存在する「スクワレン」という成分に水素を添加して安定(酸化しにくい状態)にしたものです。化粧品などの原料として使われているのは、「スクワレン」ではなく、「スクワラン」です。前述の通り、スクワレン(スクワラン)といえば鮫由来の物が有名ですが、スクワレンは人の皮脂中にも存在しているうるおい成分です。

トリハロース2

トレハロースには保湿性があるため、食品に使用すると乾燥を防いでくれ新鮮さを保ってくれます。この高い保湿性は、食品以外に基礎化粧品や入浴剤に利用されており、幅広い用途で使われており、さらには、タンパク質を保護する作用があることから医療の現場で用いられたりもしています。

次は「肌をふっくらさせる成分」とのことですが・・・

オリゴペプチド2

年齢を重ねるとともに減少していく本来の肌成分を内側から呼び起こし、本来持っている表皮細胞の分裂・再生を正常化に促して、肌の柔軟性・弾力を高める、肌の老化・乾燥シミを改善させるなどの様々な働きをします。

リンゴ果実培養細胞2

スイスの希少品種で4ヶ月間腐らないといわれる西洋リンゴの一種「奇跡のりんご」と呼ばれる「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を培養して得られたエキスです。髪をつくり出す細胞を若々しく保つ効果があります。老化した細胞を活性化し、機能を回復させることによって髪や頭皮の老化を防ぎます。人の皮膚幹細胞の働きを高め、表情ジワを減らすことも実証されています。また、培養物に含まれる代謝物には皮膚細胞の寿命を延ばす成分が多く含まれています。注目のアンチエイジング素材です。

プロテオグリカン2

プロテオグリカンは、プロテイン(たんぱく質)とグリカン(多糖)の複合体。中心となるコアたんぱく質に多数の糖鎖が結合した構造をしていて、糖鎖と糖鎖の間に水分を保持する働きがあることから保水性に優れている。高い保水力や弾力性、潤滑性を活かして化粧品などへの応用が進められた。

ほっとしている女の子イラスト

ここまで色々と調べて・・・「クリアポロン効かない」と言う不安はなくなりました。
クリアポロンの凄いところはトリプルスポット方式ケアと言って角質のケアをしてポツポツがなくなったあとケア後の肌を整えて保護してふっくらツヤツヤに仕上げてくれること!そして、全身に使えるという事もすごいです。角質で気になる部分にも塗ったら肌触りや色に変化があるようです。

商品画像

キツイ匂いもなくトロントロンのプルンプルン。

クリアポロンはどこで買うのが一番お得なの?

やはり公式サイトでの購入が一番お得です。

 

初回1,800円(税別)で購入できるだけでなく、返金保証もついてるので手軽に試せますね。

 

通常価格6,500円(税別) → 初回1,800円(税別)

お買い得情報1


お買い得情報画像